消費者金融を上手に選ぶポイントとは

ローン上手な方ほど利息を減らすことをポイントにして借入先を選んでいます。消費者金融は大手のほか中小規模の会社がありますが、それぞれ特性が違っています。融資を受ける目的を明確にしておくことが、自分に合ったローン選びのポイントです。

金利や返済方法などもチェックしながら、無理なく完済できるローンを見つけてください。

低金利で借りることを最優先しよう

消費者金融選びで何よりも重視したいポイントは低金利で借りることです。初回契約時の金利は後から変更してもらうことは難しく、何年も変更されないケースが多いです。それゆえ初回融資の段階でいかに低金利で借りるかがポイントであり、そのために各社の金利比較が欠かせません。

消費者金融の金利相場は実質年率で15.0%~18.0%くらいで、一桁の金利で借りるのは相当な実績がないと難しいです。実質年率5.0%~18.0%というローンがあっても、大抵は15.0%以上での融資になることがほとんどです。

ただ15.0%と18.0%では3.0%の差がありますから、ここは無視できないポイントとなります。実際の借入利率は審査が終了してから決定されますが、消費者金融の中には事前に教えてくれるところもあります。契約前に何%になるのか把握しておけば、最も低金利の会社と契約すればよいだけです。

低金利のローンをおすすめする理由は利息が少なくなり、返済回数・支払総額の圧縮にもつながるためです。ローン上手な人は限度額や融資スピードよりも金利に着目して借りています。

大手の消費者金融は利便性が高い

消費者金融から借りようと考えたとき、ほとんどの方は大手を選択肢にしています。誰もが知っている有名会社から選べば、悪徳業者に遭遇する心配はありません。大手は総量規制・利息制限法などの法律に基づいて適切な融資をしており、審査においては個人信用情報機関への情報開示や職場への在籍確認なども行っています。

申込者の信用力・返済能力を精査した上で融資してくれるので、これは利用者にとっても大きなメリットでしょう。ローンで失敗しないための基本は借りすぎないことにあり、実際に返済不能に陥ってしまう方のほとんどが借りすぎ・使いすぎをしています。

審査に慎重になってくれる金融機関は、長期的に見ると利用者にとってプラスなのです。大手の消費者金融は無利息サービスを導入しているところが多く、よくあるのは30日間の無利息です。30日間は利息がゼロなので、ローンの使い勝手を覚えるために最適でしょう。

利息は31日目から発生するので、例えば40日間借りた場合は10日分の利息を支払いすることになります。ほかにも大手は返済の事前お知らせサービス、振込キャッシングなどのサービスに対応したものが多いです。とにかく便利に利用したい方は大手の消費者金融をおすすめします。

消費者金融で20万円借りた時の返済プラン~利用可能額による金利差にも注目~

中小消費者金融を選ぶメリットとは

大手の消費者金融から借りられない人の特徴として、ブラックに登録されていることがあります。過去に長期間に渡って延滞をした、任意整理や個人再生・自己破産などの債務整理をした、などに該当する方はブラックになります。

ブラック登録中は原則としてローンの利用はできませんが、中小消費者金融の場合は融資してくれるケースがあるのです。例えばブラック期間中に経済基盤を立て直して、ローンを利用できるだけの信用力を身につけたとします。

こうした場合でも大手消費者金融は貸してくれませんが、中小消費者金融の場合はブラックである事実よりも、現在の返済能力を見極めた上で融資をしてくれることがあるのです。100万円などの高額融資を受けるとなると大手でないと厳しいですが、数万円を給料日まで借りたいという状況では中小規模の消費者金融、つまり街金融が力になってくれます。

ただ街金は対面与信を採用していることが多く、来店契約をするパターンが一般的です。本人確認書類と収入証明書類・印鑑などを持参して、店舗内で審査・融資手続きをする流れになります。WEB完結に対応した会社は少ないですが、一部にはWEB完結のみで融資を受けられる会社があります。

長い期間利用すると増額しやすくなる消費者金融

限度額はそれほど重要ではない

消費者金融選びのポイントとして限度額が挙げられることが多いですが、実はそれほど重要ではありません。そもそも限度額いっぱいまで借りられる人はごく一部であり、初回融資は30~50万円に落ち着くことが多いためです。

限度額800万円のローンであっても、最初は30万円などの小額からスタートします。初回融資の段階は信用力が低い状態からスタートするので、高額融資を受けることはできません。総量規制の限度額は年収の3分の1ですが、その半分も借りられれば上々と言えるでしょう。

年収450万円の方は法的には150万円まで借入できますが、実際は50万円以内に収まることが多いです。そのため初回融資において限度額で消費者金融を比較することにはあまり意味がありません。ただし将来的に増額融資を希望しているなら、ある程度限度額は高いほうがよいでしょう。

例えば街金の限度額として多いのは50万円で、信用力をどんなに高めても100万円の借入はできないのです。将来的に高額融資を考えている方は、大手の消費者金融から借りるのが得策でしょう。

自分に合った返済方法を用意しているか?

返済方法が数多く用意されているローンほど使い勝手がよく、安全に利用できると考えてよいでしょう。例えば周囲にバレることなく返済したい方には口座振替による返済最適で、銀行振込返済と違って手数料は発生しません。

頻繁に借入・返済をする方にはコンビニATMでの返済が適しており、口座振替に次いでプライバシー性が高いと言えます。コンビニATMとは多くの金融機関が提携していますから、友人・知人と出くわしても消費者金融からの借入だと特定されません。

短期完済を目指している方には随時返済を用意しているローンをおすすめします。ローンの返済は原則として月1回の約定返済になりますが、高額融資を受けると返済期間が長期化するので元金が減りにくいです。こうした場合は随時返済と併用することで、効果的に元金を減らすことができます。

リボ返済は毎月の返済額を少なく抑えたい方に適しており、最初から自動リボになっているローンもあります。ただしリボは返済期間が長期化する分だけ利息が増えるため、利息を抑えたい方には適していません。

消費者金融の利益率は?業界の現状は?

投稿日: